京都盛り上げ大作戦

*

河原町商店街振興組合

   

京都の代表的なショッピングゾーンとして、京都市内外はもとより、日本全国・海外からも多くの観光客が訪れます。

1926年河原町通に京都市電が開通してから、京都の中心市街地として発展してきました。
戦後、五商店街を統合し、1948年「河原町商店街連合会」を結成、1955年 共同組合、1962年振興組合法の設立で京都初の「河原町商店街振興組合」を設立、都心部の中核商店街として、他都市からの来街者の利便を図り、中京東地区商店街との共同事業化、近代化、活性化に努め、まだ情報化に伴い、種々の情報を発信しています。

商店街を挙げて“おもてなしの心”を基本理念にしており、祇園祭やクリスマスなどには趣向を凝らした様々な“おもてなし”を行っています。

また、河原町商店街とその周辺には、幕末・維新にかけての歴史的な場所が多くあり、坂本龍馬ゆかりの地としての坂本龍馬・中岡慎太郎の慰霊祭を実施、話題を呼ぶなど、「買う」「食べる」「遊ぶ」そして「楽しむ」街として商店街全員一丸となって街の発展に取り組んでいます。

OFFICIAL HP:http://www.kyoto-kawaramachi.or.jp

 - 河原町商店街振興組合 , , , ,

adsense

adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした